腰部脊柱管狭窄症はAKA博田法で治す

ネット動画で腰部脊柱管狭窄症のテレビ番組をみていたら面白く、ためになるのがありました。それは「スゴ腕の専門外来SP」という番組で腰痛について取り上げていました。
腰部脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアは、背骨の中の神経が圧迫されることで、痛みがおこると知られています。治療を続けても痛みがなくならない場合は手術をすることもあるようですが、実は手術は必要ないという内容でした。

腰痛の原因が腰部脊柱管狭窄症であるように思われているもののうち、大部分は仙腸関節を調整するだけで、腰痛がなくなるということです。骨盤と背骨の間に関節があり、微妙に動くようになっているのですが、運動不足で体が硬くなると仙腸関節が動かなくなり、それが原因で腰痛を発生させる人が多いとのこと。

番組のなかで30年来の腰痛持ちの方が仙腸関節の調整をする治療の「AKA博田法」の施術を受ける場面がありました。ものの5分ほどで腰痛がなくなりビックリする様子が映し出されていました。何十年にも渡って慢性腰痛だった人が、数分の施術で腰痛がなくなれば、だれだって驚きますよね。

AKA博田法の治療を受けるために全国から腰痛持ちの方が殺到するらしく、3ヶ月先迄予約でいっぱいとのこと。沖縄から東京まで治療を受けに来る人もいるそうです。
腰部脊柱管狭窄症に詳しいサイトをみると、ほとんどの腰痛は体操やストレッチで改善が可能と書いてありましたが、まんざらウソでもなさそうです。腰部脊柱管狭窄症の手術を検討する前に、AKA博田法やマッケンジー法他のストレッチをためしてみる必要がありそうですね。

カテゴリー: 健康 | タグ: , | コメントする

混合肌になる原因

日々の何気ない習慣が混合肌を作っていることを把握しているでしょうか。
混合肌なんて遺伝的なものだから、防ぎようがないなんて勘違いを思っているのだとすると、大間違いなのです。
日々のあなたの生活習慣によって、混合肌が作られているケースがほとんどだということをまずは自覚するようにしましょう。

まずはアルコールの摂取過多ですね。
若い世代を中心に、社会人になって付き合いによってアルコールを摂取する機会というのはいくつも恵まれます。
そういったものに数多く参加をしたり、自宅でも毎日のように晩酌をするというような生活習慣のある方は、注意が必要です。
これが混合肌の要因になっているからなのです。

他にも喫煙が挙げられますね。
喫煙は百害あって一理なし。
自分はもちろん周囲に存在している人間にも悪影響を与えることになるのです。
混合肌になってしまう要因にも喫煙は数えられていることから、内臓に影響を与え、肌に大きな影響を与えると言ったケースが多いようです。

このように身体の内側が何かしらの要因で弱っているのに、外からはエアコンなどを使い乾燥をさせてしまうということになると、べたつくのに乾いているという不思議な現象が起こり、混合肌が出来上がってしまうのです。

カテゴリー: 混合肌 | タグ: , | コメントする

混合肌のUゾーンのケア

混合肌の方の場合には、やはりTゾーンとUゾーンの肌質が違っているというのが、悩みの種になっていることが多いんですね。
どちらかといえば、Tゾーンは脂性。
Uゾーンは乾燥肌になりやすく荒れやすい。
また、ニキビが多く出来やすい場所としても知られています。

それもそのはずでTゾーンというのは、もともとが皮脂線というものが多いという特徴がありますから、オイリーになっても仕方がないわけです。
対するUゾーンはといえば、これも皮脂腺の数が少なくなっており、このため肌のコーティング役を担っている皮脂の量が少なく、外部からの刺激に弱いという特徴を持っているのです。

結果として、ちょっとの刺激でも肌荒れが起こったり、ニキビが出来てしまうことになるのです。
更にストレスに晒されるといったことや、ホルモンバランスが崩れてしまうことによって、同じようにニキビや肌荒れといったものに繋がっていくという状態が起こるのです。

基本的には、洗顔後の保湿というものをしっかりと行っていくことが重要になりますし、油分をしっかりとUゾーンへと塗布するなどをして、コーティングをしてあげることが重要です。
TゾーンとUゾーンで分けることは大変かもしれませんが、肌のためには、必須だと言えるのです。

カテゴリー: 混合肌 | タグ: , , | コメントする

混合肌になる外的要因とは

混合肌というのは、日本人のほとんどがこの肌質というくらいに、顕著に見られる肌質ですが、顔や身体、頭皮といったものの肌質に顕著な違いがあるという肌質の持ち主を指します。
シャンプーとボディーソープ、洗顔用といったような洗うものにも違いがあることでも分かる通り、それぞれの部位によってスキンケアの仕方は当然に違うのです。

この中でも顔の部分では、それぞれの箇所によって、スキンケアの方法が違っているというのが一般的です。
この混合肌になってしまうのは、遺伝的なものもありますが、混合肌になってしまう要因というものもあるのです。

ざっと挙げるだけでも、紫外線による影響は何気に大きいですね。
これは混合肌ばかりではなく、アトピーなどの敏感肌の方にも大きな影響を与える要因になります。
その他にもエアコンを頻繁に使うことによって起こる乾燥状態。
更には喫煙習慣がある方や、アルコールの摂取をよくする方といったものまで混合肌になってしまう要因は様々です。

こういった自分自身の問題ではなく、外部の何かしらの刺激などによって起こってしまうものを外的要因と呼んでおり、これは自分が意識することによって、回避をすることが可能でもあるのです。

カテゴリー: 混合肌 | タグ: , | コメントする

混合肌のスキンケアの基本

混合肌になってしまうと、どういったスキンケアを行っていけばいいのか迷ってしまうという方が多くいらっしゃいます。
乾燥に気をつけて保湿をした方がいいのか、油性のスキンケアを行った方がいいのかという疑問ですよね。
両方を持っているケースの場合には、特に困ってしまうものなのです。
しかしながら、肌荒れやニキビなどの皮膚のトラブルが起こっている場合には、ほとんどが乾燥が原因になっているということを忘れてはいけません。

おでこや鼻を有しているTゾーンの場合には、油が気になってしまい、化粧品に関しても、サッパリ系の速乾型といったようなものをチョイスしている場合がありますが、これによって、保湿が十分に行われておらず、結果として水分不足の肌を作ってしまうケースも少なくないのです。

逆に乾燥が多いUゾーンに合わせた油性の多い化粧品を利用した場合、余計な油が皮膚へと対象に残り、その油が酸化をして、ニキビを作ってしまうというような事態が起こるのです。

それじゃどうすればいいのかということなのですが、基本的にはスキンケアの基本中の基本である保湿をしっかりと行うことです。
角層をまずはしっかりと潤してあげることこそが、混合肌の部位別のスキンケアを行う前にまずはすべきことなのです。

カテゴリー: 混合肌 | タグ: , | コメントする

肌荒れしないための混合肌とは

混合肌という肌の持ち主があるものですが、皆さんはご存知でしょうか。
混合肌というのは、簡単に言ってしまうと、肉体のそれぞれの部位によって、肌の性質というものが違っているということです。

例えば、鼻の頭やおでこという部分は脂っぽくテカテカとしているのに対して、頬の部分や顎といった部分、腕などは乾燥しやすくカサカサとしているといった肌の特徴を持っている方のことをいいます。

他にも夏場は脂症っぽいような肌であるにも関わらず、冬場になってしまった途端、乾燥肌になってしまうというような季節によって肌質が変わってしまうような肌の持ち主のことも混合肌と呼んでいます。

また混合肌の種類というものも非常に豊富であり、普通肌と脂性といった組み合わせや、普通肌と乾燥肌といった組み合わせの他にも、脂と乾燥といった組み合わせも存在しているのです。

混合肌の方が注意すべきことは、自分の肌の質を部分別によって、しっかりと把握しておく必要があるということです。
その他にも、その肌の種類別を把握した後に、適切なスキンケアの方法を、場所場所によって変えて行っていくことが重要になってきます。

こういったことを前提として、混合肌と上手に付き合っていきましょう。

カテゴリー: 混合肌 | タグ: , | コメントする